父母のツーショット(完成)10月4日(きょう)は父母の金婚式。
妹とわたしが知恵を絞り、ささやかなお祝いを用意しました。

その中のひとつが、この絵です。
喜んでくれるとうれしいです。


お手本画像

お手本写真
プリント写真をスキャナで読み取ったもの

姪のお雛さまですから、12年くらい前の写真。

母を父に近づけるよう、処理をしたところ

なげなわツール(自由選択ツール)で母を選択し、両者を接近させる

トリミングをし、構図を決定

トリミングをし、構図を決める

鉛筆ツールで下書き

鉛筆ツールで下書き

肌を彩色

肌を彩色

肌の濃淡をつけてゆく

肌の濃淡を彩色

PictBearで、[選択範囲]→[不透明部分を選択]しておき、
[オーバーレイ]のレイヤーを3枚、[ソフトライト]のレイヤーを2枚使用。

& ふたりをさらに接近させる。

唇を彩色

唇を彩色

目を彩色

目を彩色

実物どおり、もしくはそれ以上の美男美女に見えるよう努力したが、「もっとかわいいのに」 とクレームが来るのが怖い。

髪を彩色

髪を彩色

母は染めなくても真っ黒だが、
父の髪は大きく後退し、ほとんど白髪。
白髪混じりというのは、難しい。
ところどころ透けた感じを出したかったが、技術不足。

肩を組んでいる写真をお手本に、手を作画

金婚式のお祝いの絵なんだから、肩を組むのが正解。

手のお手本画像。左右を水平回転して使用

肩を組んでいる画像をさがしてお手本にした。
手のモデルが若いので、仕上がりを見ると手だけ若い。

洋服を彩色

写真と同じ洋服だとふたりとも黒系統で地味。
やむなくコーディネート。
「センスが悪い」と言われませんように。

質感は、PictBearの[フィルタ]→[模様]を使用。

顔の調整、すべての調整を加える

まゆ、めがね、鼻など顔のパーツを描き込み、
線の荒い部分を細かく調整。

この部分が一番つらかったし、時間がかかった。
何回消して描いても、似てこないから。

父の目を描くために集めた画像

お手本の写真だけでは不足なので、 実物に近づけるため、手持ちの写真をできるだけ多く見るようにした。
右は、父の目のあたりを描くために集めたもの。

コスモス畑背景のバージョン

結婚記念日は10月4日。
秋らしくコスモス畑に包まれるふたり。

この絵を額縁に入れました。

桜背景のバージョン

春に飾る場合は、桜のバージョン。

クリスマス背景のバージョン

クリスマスからお正月にかけて、イルミネーションのバージョン。

ハワイの海背景のバージョン

夏はハワイの海。
ただし、衣替えなし。

メール便じゃないんかいとまたつっこんでみる

妹が担当してくれたのは、お手本写真を収集すること。
手持ちの写真の中から8枚を厳選し、カラーコピーして郵送してくれた。
「メール添付じゃないんかい」
と、つっこみたいところだが、せっかくなので、お祝いの中にカラーコピーを同封。
すてきな記念品が増えた!

仕上げのときも、アナログのデータが役立ってくれた。
最後の最後は、写す(描きなぞる)作業ではないので、小さいパソコンの画面では不便。
送ってもらった8枚の写真をじっくりと見比べながら、描き込んでいくことができた。

額縁に入れたところ

もうひとつの妹の担当は、額縁を探してくること。

右の画像がその額縁。
素材は木。
彫り込みを入れ、渋い金色に彩色されている。
何件も回って、画材屋さんで発見したとのこと。
額に入れると、絵がぐっと引き立つ。
「この額、絵をすてきに見せるんだよ」
と、妹が言っていたとおり!

オリジナル切手のサンプル

おまけのプレゼント

検索していて、オリジナル切手作成なるサービスを見つけた。
さっそく注文。
[金の延べ棒] をご所望であった母に、
(もちろんジョークだけれど)
せめて小細工を複数仕込んでごまかす魂胆である。

ネットで注文し、翌日くらいに電話があった。

「ご注文いただいた件で確認させていただきたいのですが」
「はい」
「お送りいただいたものは、絵ですね。
著作権はおわかりになりますか?」
「わたしが描きました」
「モデルさんは著名な方ではありませんか?」
「実の父母ですから、肖像権は問題ありません」
「承知いたしました。ただちに作成の手配をいたします」
とのこと。

なるほどね。
そりゃ日本郵便としては当然の確認だわ。

他人さまの描いたものを使うのはもちろん、あかん。
それに、たとえば、木村拓哉の絵を描いて切手にしちゃうってのもあかんよ、そら。

追記

「かわいくない!」
と、ご本人から言われてしまった。

素直に金の延べ棒を差し上げればよかったわ。

プレッシャーに耐えながら
精魂かたむけても、
こうした結末になるのです。

さて。やけ酒飲むべ。

(今セレモニーが終了し、帰ってきたところです。追記終わり)