木曜日から台湾へ行ってきます。
父と母と3人で。
ツアーで3泊4日です。

iPhoneアプリの画像
iPad、iPhone、それから夫からiPodTouchを借りて持っていきます。
Googleマイマップを、アプリ(グーグルマイマップ)に同期させました。
今回観光する場所、食事する場所を、ピンポイントで。すべて登録してあります。
3台(iPhone、iPadなど)で同じ地図を共有できます。
名称、画像、テキストなどの情報を、追加できます。
自分だけのための、オリジナルガイドマップ。
まさしくこの旅のための、マップです。

Google Earthも同期してみました。
同じ「マイマップ」でも、その地点の情報をWikipediaで確認できるなど、
他の地図アプリとは一味違った使い方ができます。

モバイル用データ通信機器(Wifi発信機)を借りるべく、ネットで予約しました。
空港で受け取ります。
受信できる台数は5台までで、一日1200円
3G、モバイルデータ通信をオフにしておけば、料金の心配はありません。
(海外でうっかり電話やデータ通信などしようものなら、大変なことになりまっせ)

予約と言えば、空港までのリムジンバスも。
ネットで予約し、ネットで支払を済ませ、乗車券をうちのプリンターで印刷しました。
楽ちんな時代です。

台湾のガイドブック。
iPhoneアプリにも、ありますね。
都市別にも、たとえば台北など、観光名所などを紹介するアプリがあります。
無料のものをいくつか、そして85円のものを1つ、ダウンロードしました。
iPhoneアプリの画像

iPhoneで撮影したものは、iPadの[写真]→[フォトストリーム]の中に自動的に入る設定にしています。
余裕があれば、画像を旅先でアップロードしたいです。
ですが、タブン、疲れて死んでいるかと・・・。

=-=-=-=-=-=

何が疲れるかって。

きょうも・・・。

父は怒っていた。
何を怒っていたかと言うと・・・。

「携帯の番号を教えて」
と電話したところ、父は答えられない。
「じゃわたしに電話して~?」
と、番号を伝えたら、
「じゃあこっちは切るぞ」
と、固定電話を切ろうとする。
「切らなくてもいいよ」
と言ったのだが、もう切れていた。
10分待ったがかかってこない。
そして、固定電話から固定電話へ、かかってきた。
父だった。
怒っていた。
「(電話発信が)できない!」
と。

で、言うのだ。
「(携帯は)○○さんが(妻)がわたしを拘束するために無理やり持たせたんだ!
わたしはこんなものは使わん!」
と。

母は母で。
「携帯、持っていたって、いっつも電源を切っているんだもの!
大事なときに連絡が取れやしない!」
とわたしに言う。
まるでわたしは、嫁姑の間にはさまれる、ムコ。

この空気を文章で表現するのは難しい。
難しいが、しかし、たとえるなら
オヤブンを激怒させ、今まさに、小指を落とされようとしているチンピラ・・・
まさにその瞬間の空気。
てな感じ。
で、そのピリピリした緊張が頻繁に訪れる。
てな感じ。
・・・。

さーて!
ない知恵を働かせろ!
険悪な空気を変えろ!
こわばったふたりの顔をほころばせ!
笑いにしてしまえ!
わっはっはっは!

わっはっは!

妹に電話し、この話をした。
「もー、たーいへんよー」
と。
笑いながら。
「旅行中もそうしたネタは尽きないと思うわ~。わははは」
と。

わっはっは!

母はいつも言うのだ。
眉間にしわを寄せ。
最悪だわとでも言わんばかりに、
「ほんっと、あんたはとうちゃんにそっっっくりなんだから!!!」
と。(ひえぇ~)

悪いけど、わたしは、母に<も>、そっっっくり!なのだ。
そして、わたしは、父にそっくりで、母にそっくりな自分が好きなのだ。
やっと自分のこと<も><心から>ゆるせるようになった。

なのに。

ゆえに。
母上。
まことに恐れながら。
おだまりなされませ!
(にっこり)

負けるものか。
何があろうとも「ネタ」として楽しくやりすごしてやるのだ!
巻き込まれてなるものか。

とかなんとか言いながら。
先週金曜日、胃痛で病院に行った。
(マジ、痛かった)
薬をもらってよくなったのが。
そら胃も痛くなるわな~。

なんだかんだ言って
心臓の剛毛は、発展途上。
ひよっこで、情けなや。

でも負けないぞ。
笑顔で乗り切る!

フォトストリームについて覚え書き

撮影した画像と、キャプチャーした画面画像は、
[カメラロール]と[フォトストリーム]に、重複して保存される。

iPhone→写真→フォトストリーム→(左下のアイコンをタップ)→(画像をタップ、タップ、タップ)→([削除]をタップ)。
すると、「この写真はすべてのデバイスのフォトストリームから削除されます」というメッセージが出る。
[写真を削除]をクリックすると、その画像は、iPhone、iPad、パソコンなど、
フォトストリームで設定しているすべてのデバイスから削除される。
しかし、[カメラロール]の画像は削除されない。

iCloudの無料容量枠(5ギガバイト)がいっぱいになりそうな場合は、
フォトストリームフォルダ内の画像を削除すべし。

Facebookは、無料で大量の画像を預かってくれるので、そちらに委ねるのもよい方法だ。

Facebookにアップロードする
  1. iPhoneのFacebookを起動
  2. 写真
  3. +(右上)
  4. ライブラリから選択
  5. フォトストリーム(もしくは、カメラロール)
  6. 写真をタップして選択
  7. 写真の特定箇所をタップして、タグ付け
  8. 添付(右下)
  9. (中央のカメラのマークをタップすると、2枚目、3枚目の写真を選択できます)
  10. [何か書く]というエリアに、何か書く
  11. [投稿する]をタップ