あーあ。
笑顔で来るんだもの。

「あした、(学校が休みで)
図書館に友だちと勉強に行くんだけど、
お昼、ファミレスで食べようってことになって」
って。

「1日におこづかいあげたばっかりじゃん」
「かっちゃんの気持ちということで」
「気持ちってあんた、お金を出すのが愛とでも言うんかい」
「気持ちということで」
「にいちゃんは苦労してるのよ。
これこれしかじか、これこれしかじか・・・」
「そうですねぇ」(神妙に)
「多く(の子)は、こづかいでやりくりするだろうが。
そのためのこづかいでしょう」

と、応戦したものの、
最終的には出してしもたがな。
500円。
(全額ではなく、補助じゃ)

次男って、そういうところ、要領がいいなぁ。
交渉するよな。

「ざっす、ざっす(ありがとうございます)」
と言いながら、ペコペコしながら、
去っていきやしたぜ。

そんなところがかわいく感じたりするから、あかんわ。
孫に甘いばあちゃんのようじゃ。
年とったかね、わし。