大規模修繕委員としての「おつとめ」は、
今度こそ最後か?
オシマイだよな?

大規模修繕委員長が、
「これで無罪放免。きょうでオシマイですから!」
と力強く言ってました。
ぐっとくるくらい、かっこよかったっす。

きょう(11月1日)は・・・

マンション管理組合理事会だったのじゃ。
大規模修繕がらみの議題が3つ、残っておったのですな。

  • エレベーター内のボタン回りの基盤交換
  • 植栽の管理
  • 1階店舗雨漏り
エレベーター内のボタン回りの基盤交換

大規模修繕がらみの「修復」で、
エレベーターの基盤が残っておりました。

階数選択ボタンの回りの鉄製パネル。

これを、カギなどの固くとがったもので、
ガリガリと削る人がいるのです。

汚いんですよね、
せっかくあちこちピカピカになったのに、
そこだけ、残ってしまった感じ。

見積もりをとっていただいたところ、
2基で18万。
(高い!)

せっかく交換しても、
1週間で元の状態になってしまうかもしれないし・・・。

結論は、理事会で吟味いただきます。
バトンタッチ!

植栽の管理

詳細:大規模修繕の植栽(詳細・長文)

管理会社は、植栽に関して、剪定と消毒のみ、年に2回、やってくださっていました。

しかしながら、
“見栄えのよい状態を維持する” という項目が、植栽管理の中に入っていなかったそうです。
つまり、肥料をやったり、枯れたら植え替えたり、などはナシ。

結果として、多くの植栽が枯れ、そのまま放置され、
今回の大規模修繕で、「本来かかるはずのない、余計な出費」が、発生しました。
マンションの資産価値も、下げていたことと存じます。

そうしたまぬけな事態を避けるべく、
まっとうな植栽管理をしていただきたい・・・、
それが、
大規模修繕委員会として、理事会への提案です。

段取りは以下。

  1. 見積もりを業者さんが作成
  2. それをもとに理事会で審議
  3. その内容を次期総会にかける

これもまた大規模修繕委員会の手を離れ、理事会一任です。

1階店舗雨漏り

詳細:直後の雨漏りは誰のせい?

間が悪いというか、
たまたま大規模修繕が終わった直後の雨漏りでしたので、
かかわらないわけにはいかず、
委員長、お疲れさまでした。

この件は、すでに完了しているのでご報告まで。

委員長が、大規模修繕の施工業者さんに
「大規模修繕直後というタイミングでの雨漏りですし、
サービスで壁をきれいにしていただけないですかね(ニッコリ)」
と、強く、つめよっていました。

雨漏りのせいで、本屋さんの店舗内の壁が汚れてしまったのです。
施工業者さんの「責任」ではないのですが。

サービスでできるかできないか、後日連絡くださるそうです。

いやしかし。
本屋さんを3人(施工業者さん、委員長、わたし)でお訪ねし、
「壁の塗り替えを希望なさいますか?」
って聞いちゃったもんね。

本屋さんは
「ぜひお願いします」
って言ってたもんね。

ってことはだ。
サービスしない、という選択肢はなくなったんじゃね?
おーほほほ。

委員長の勝ち、でね?

打ち上げ

3人で本屋さんをお訪ねする道々、
「打ち上げ」の話を、業者さんにいたしました。

ご苦労さん会、です。

「打ち上げをしたいと考えておりますが、
お声をおかけしてもいいですか?」
とお尋ねしたところ、

業者さん、満面の笑顔で、
「ぜひ」
と言っていました。
委員長も、口添えくださいました。

理事会の会計さんから、
「声かけてね。お金渡すから」
と言っていただきましたし、

これで心置きなく段取りを進められます。
(やったー)