新狭山北口商店会の公式サイトのサーバーを変えました。理由は、現状のサーバーの品質がよくないからです。どのようによくないかというと

  • 重い(サイトを開くのにかなり時間がかかる)
  • サービスが悪い
    • サポートへの問い合わせの回答が遅い、もしくは、来ない
    • ネットでの評判が悪い
    • サーバーダウン&データ消失の可能性がある
      • 「ちゃんとしたサーバー」であればサーバーダウンはほぼありえない
      • 常に最悪の状況に備え、自己責任でバックアップを取っていた
    • サーバー公式サイトの画面がわかりにくく、何かしようとするたびに迷子になる

このままの状況で、もしもの場合に担当をバトンタッチするのはあまりに不親切。
ということで、サーバーを引っ越しました♪

  • 新しいサーバーは、価格が少しアップ(月200円→250円)
  • サポートへの問い合わせメールは即日、親切な回答が届きます
  • ネット上の評判はまずまず
  • 更新はクレジットカードによる自動更新で、手間いらずです

ここ3日、サーバーの引越にかかりきり。細かいトラブルも多々ありました。大きな難関は、以下の2点でしたが、乗り越えました。

SQLデータが、新サーバーに反映されない

ふたつの方法で試してみましたがダメでした。

  1. phpMyAdminのエクスポートとインポート
    1. phpMyAdminで旧サーバーからエクスポートしたファイルを新サーバーにインポートすると、エラーが表示され、失敗
    2. エンコードを変更するなど設定を変えていろいろ試してみたがダメ
  2. WordPressプラグインの「WP-DBManager」で「Restore」
    1. 「Restore」しようとすると、「Database On ‘2015年3月13日 @ 8:12 PM’ Restored Successfully」と表示される
    2. しかし、データが反映していない

以下の方法で成功。

phpMyAdminで「接頭辞」を確認してみたところ、「wp_」 と 「sky_」 がありました。
新サーバーでWordPressをインストールしたときの接頭辞と、旧サーバーで利用していた接頭辞が異なっていたのが原因だったようです。
そこで、WordPressのwp-config.phpで、table_prefixを旧サーバーの接頭辞に変更。無事にサイトにデータとインターフェイスが戻ってきました。

WP-DBManager エラー

WordPressのプラグイン「WP-DBManager」でエラーが表示されました。
以下の指示通りに設定をしてください、という内容です。
WordPressは10を超える数のサイトを運営しているので、手慣れたもの。ホイホイホイ。といつも通りに手順通りに設定しましたが、エラーが消えない。
なぜだろう?

原因はふたつありました。

  1. 新サーバーならではの独自の設定があった
    1. 新サーバーのサポートに確認し、設定を修正
  2. データベースの旧サーバーのパスが残っていた
    1. エラー内容をじっくり観察したところ、おかしなパスが記載されていたので、それが原因ではないかと感じました。
    2. phpMyAdminでそのパスを検索→修正→WP-DBManagerをダッシュボードのプラグインからファイルごと削除→プラグインを再インストール→再設定

長い道のりでしたが、データが戻り、エラーが消え、大きな問題は解決いたしました。
まだ細かいところで更新しなければならない部分はありましたが、引越は無事完了!やれやれです。


※ 茂音(もね)パソコン塾は、Adobe CGからExcelのマクロ、CSS、WordPressまで、プロフェッショナルな方の専門的な悩みもピンポイントで解決する、マンツーマンのパソコン教室です。