「チカンが出たので、防犯カメラの立ち会いをお願いします」
との連絡で、土曜日は管理人室へ。
警察の方、防犯カメラ会社の方、マンション理事が集まりました。

事件が起きたのはマンション内ではなく、近くの路地でした。
被害者の女性は22時25分、駅に到着。
駅から3分ほどの路地へ移動し、男性の迎えを待っていました。
しゃがんで携帯をしていたようです。
そこを通りかかった?男が女性を押し倒し?・・・その後?・・・自転車で逃走。(詳細は不明)

女性の話によると、<その自転車>はうちのマンションの前を通ったようです。
マンションの防犯カメラに写っているのでは?ということで、
前後1時間半くらいの映像を確認することになったようです。

警察官の指示を受け、防犯カメラ会社の方が機械を操作し、理事は背後から見守りました。
「これは?」
という場合、映像を止め、1こま(=1秒)ずつチェック。
何時何分というメモを取り、次へ。

夜で暗く、しかも防犯カメラの撮影対象エリアから離れていますから、残念ながら映像は鮮明でありません。
それでも、自転車が通った、これは女性のようだ、という程度の判別ができました。

VHSビデオテープにコピーしている間、一時解散。(ビデオテープかい)
1時間後、あらためて集合。そして解散。(「立ち会い」の仕事、終了)

警察の方によると、近ごろこの近辺に、チカンが多発しているそうです。
老若男女を問わず、気をつけましょう。