ついにXXキロのラインを突破!(XXが言えない!)
このままでは、「マサコデラックス」に!
一念発起して、夜ご飯抜きダイエットを開始。

2週間前から夫も参戦し、2人でダイエット中~。

効果は下記のグラフで一目瞭然。
ダイエット方法はシンプル。

  • 1日2食とし、夜ご飯を食べない。
  • 運動をし、筋肉を落とさない。(筋肉量をチェック)
  • 朝と昼は、がっつり食べる。
  • 健康のため、1か月に1キロ減が目安。落としすぎない。

3月末現在のグラフ

都合により、体重の数値軸を非表示とします。^^;
ダイエットに成功したら、オープンにいたします。

グラフの作り方

    1. 体重計のSDカードから3年分のデータ(約600件。csv形式)をExcelに取り込み。
      ※タニタの体組成計(インナースキャン50 BC-309)を使用。
      ※データを取り込んだソフトウェアは、体組成計に付属の「Bodymanager」。
    2. 取り込まれた項目は以下。データのない項目も結構ある。高位機種では計れるのね。
      不要な項目は列ごと削除、削除、削除~。年齢、身長なども、グラフには不要~。
    3. Excelの「ピボットテーブル」で600件のデータをひとまとめ!
      ってあらら。おかしな点がいくつか。
    4. まずおかしかったのは、「1月」の中に「3年分の1月」が含まれていたこと。
      グループ化することで解決。

      1. セルを右クリックし、「グループ化」をクリック
      2. グループ化ダイアログボックスが表示されるので、「月」と「年」を選択し、「OK」をクリック
      3. 下の図のように、年別、月別に表示されるように。
    5. 次におかしかったのは、集計方法。 体重や基礎代謝量を「合計」してどうするんだ?
      セルを右クリックして、「他の集計方法」の中から「平均」をクリック
    6. 基礎代謝量などの「平均」が算出された。
    7. それらのデ-タをグラフに。
    8. 基礎代謝、体重、体脂肪率など、それぞれの値が異なるので、主軸だけのグラフでは表現できない。
      よって・・・・

      1. 体脂肪率と筋肉率を主軸とし、値軸の目盛は0.3~0.65に。
      2. 体重を第2軸とし、XXkg~XXkgに。
      3. 基礎代謝を体重と同じ数値の範囲になるよう、同じ割合で縮小し、第2軸に投入。
      4. 基礎代謝の数値軸をテキストボックスで追加。
    9. 第3軸を追加したグラフもExcel以外の技を利用して作れそうだが、当面これでよしとする。