わたしのお財布の中に、数年前から、
「臓器提供意思表示カード」が入っています。

カードにはこう書かれています。

  • 私は、脳死の判定に従い、脳死後、移植の為に〇で囲んだ臓器を提供します。
  • 心臓・肺・肝臓・腎臓・脾臓・小腸・眼球・その他(略)

あなたの大切な健康や命が救われるのでしたら、喜んで、
どうぞまるまるお使いください。
上記臓器に限らず、根こそぎ使っていただいてかまわないのです。
髪も歯も骨も爪も皮膚も、
死んでは用のないものです。
経年で多少くたびれているかと存じます。恐縮ですが、
それでもよければどうぞお使いください。

臓器提供に関しては、議論の分かれるところでありますが、
提供したくないという意思は尊重されるべきです。
提供したいという意思もまた尊重されるべきです。

「提供してほしい!」
という必要は、何にもまして、尊重されるべきです。

(提供するする言いながら長生きしちゃうんだろうが、それはそれ!)
(すでに賞味期限を過ぎているかもしれんしな)

インターネットによる手続き

何年か前は、迷子になりながら、やっとこさっとこ
資料をお送りいただくことができましたが、
先日久しぶりにサイトを訪れたところ、ずいぶんとわかりやすくなっておりました。

(社)日本臓器移植ネットワーク トップページ

臓器提供意思登録

あらためてポスターなどをお送りいただき、教室にはりました。

骨髄バンク

そうだ。骨髄バンクに登録しよう。
以前は子どもが小さかったので、「入院」は無理だなぁと思い断念したけれど。
今ならだいじょうぶ!