サーティファイ主催の講習(就業力向上セミナー)、事後レポートその3 –
「ICTリテラシー能力を高めるEXCEL、WORDの効果的な指導方法について」ITBz 大野田 和弘氏

※ 講習内容のまとめ(ほぼそのまま)です。

社会人基礎力

  1. 前に踏み出す力
    1. 主体性
    2. 働きかけ力
    3. 実行力
  2. 考え抜く力
    1. 課題発見力
    2. 計画力
    3. 創造力
  3. チームで働く力
    1. 発信力
    2. 傾聴力
    3. 柔軟性
    4. 情報把握力
    5. ストレスコントロール力
企業が求める人材

「人並み程度にExcelができる人」を求める企業が多い

人材育成に向けて、学校や家庭での役割(上位3項目)
  1. 自ら考える力を習得させること・・・プリントひとつ取っても、考えさせるものにする
  2. 意見を表現できるようにする
  3. 相手の話をよく聞き、理解する
効果的な教育のために必要な3本の柱
  1. 時代の流れに合ったカリキュラム
  2. 教材
  3. 講師
オフィス教育の問題の原因の考察
  1. テキストができるが練習問題ができない・・・操作方法を忘れてしまう
  2. テンプレートを編集できるが、白紙から作れない・・・機能は理解できているが、実践できない
  3. 作成手順がなければ、文書、表、グラフが作れない・・・アウトプットできない
オフィス教育の実施例
  1. 導入・・・前回の理解度チェックのための小テスト
  2. テキストレクチャー・・・プリント問題
  3. まとめ
    1. 練習問題を行う
    2. レポートを作成させ、自己管理させる
    3. 感想を書かせ、簡単な評価を書いて返す