先日、生徒さんから、
「RFIDを導入したいのですが」
というご相談をいただいた。

  • 製品の偽物が中国で出回るなど、困っている
  • 製造、在庫、流通の管理も、行いたい
  • RFIDがよいらしい

とのこと。

RFID(Radio Frequency IDentification)って何?

RFIDは、Radio Frequency IDentificationの略。
Radio Frequency IDentificationは、直訳で「電波による個体識別」という意味。
小さなICチップ。
現在、乗車カード(Suicaなど)、電子マネー(Edyなど)、社員証などで利用されている。

期待される用途(Wikipediaから要約)
  1. 流通
    物品の動きを追跡し、1個売れたら1個生産する、というような流通管理ができる。
  2. 履歴管理
    生産、加工、出荷などの履歴情報をチップに追記できる。
    →例:牛の産地、生産者、賞味期限などをチップから読み取る
  3. 物品管理
    →例:図書館の貸出、返却の自動化システム
    →例:ホテル従業員の制服に耐水性のチップを埋め込むことで、客室への出入りを制限
  4. プレゼンス管理
    仕事仲間が今どこにいるのか、席か会議室か外出か、という情報を瞬時に把握できる。
  5. センサーネットワーク
    →例:タクシーのワイパーにセンサーを取り付け、詳細な降雨情報を地域ごとに抽出する
どこに依頼すればいい?

「RFID」を導入するにあたり、どこに依頼すべきかをどう見極めればよいか。調べてみた。

上記を調べるにあたり、ネットで検索するだけでなく、
各社ご担当者さまに直接電話してお尋ねさせていただきました。
お忙しいところありがとうございました。

興味があるので、ショールームや展示会へはご一緒させていただくつもりです。