宙ぶらりんで不安な時間。

生徒さんが時間にいらっしゃらず、
連絡も取れず、

 # わたしの勘違い?
 # 生徒さんの身に何かあった?
などと、不安でいっぱいになり、

生徒さんをお迎えする準備をしたまま、
他の用事をするでもなく。

宙ぶらりんなまま、
ドキドキしたまま、
時間が過ぎ、

やっと連絡がとれ、

わたしの勘違いではなく、
生徒さんもご無事だったとわかったとき、

本当に安堵する。
ほっとする。
わたしの時間が流れ始める。

こんなことはよくあることで、

寒空の下、
もしくは炎天下、
お目にかかるのがきょうはじめて、という生徒さんを待ち続け、
結局いらっしゃらず、
お聞きした携帯の番号にも連絡が取れないまま・・・、
ということもある。

そういうときは、
「最初から約束など何もなかったんだよね。そういう人はいなかったよね」
と、自分に言い聞かせ、とっとと忘れることにする。

そうしたことは、割合とっとと忘れられる。

忘れられないのは、
自分の勘違いで、
「え!きょうのご予約でしたか!?ごめんなさい、きょうは今から・・・」
というときだ。

顔から血の気が引き、
倒れそうな気分になる。

うちのめされ、
しばらく立ち直れない。

「一生そのままへこんでいろよ!」
と思う。
本当に申し訳ない。