生徒さんと一緒に、
不動産業のデータベース(Access)を一から作っています。

基礎と応用を教科書で学び、そのあとは実践。
実践については、生徒さんが宿題で構想していらしたものを、教室で一緒に考えます。

たとえば、
「エアコンなどの設備がいつからその部屋にあったか、というデータが必要なのですか?
だったら、ここ、物件テーブルの中には、そのデータを入れない方がいいですよ」
という感じ。

テーブルの数は、10前後になりそうです。
実際にデータを入れてみると、改善しなければならない部分が多々でてくるかと思います。
さて。いつ仕上がるかな。