アフィリエイトに投資しました 3/1

22,800円。「LUREA」というシステムに投資しました。
「ついて来られるものならついて来い。ブログで儲けようなんて甘くはないよ」
ということです。そりゃそうだ。

テキストと同じ内容なのですが、音声動画の声の響きが、モチベーションを高めてくれます。
経験を積んで、実績を重ねている方の、生きた助言です。
説得力と惹きつける力があります。
聴きながら、テキストに起こしました。テキストに起こすと、身につきます。

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか

新品価格
¥2,940から
(2013/3/2 00:17時点)

「なぜアフィリエイトでわたしは稼がなければならないか」。

目的と目標設定の明確化で稼げるかどうかが決まるそうです。
稼げたらいいなー、ちょっと楽になりたいなーくらいの意識ではすぐに挫折する、と。なるほどごもっとも。

なぜ稼ぎたいかのだろう? 考えて、そのリストを、トイレに貼りました。
1.中古で買ってから7年乗っている車。色も褪せて、あちこち擦って。恥ずかしいので買い替えたいデス。などなど。

おすすめの本(影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか )も本日注文しました。

オールドドメイン

すでにその資産をわたしは持っているということです。

アフィリエイト広告をのせました 2/28

ゼロから月収100万円!ネットの稼ぎ方入門

新品価格
¥1,470から
(2013/2/28 15:55時点)

アフィリエイト広告をサイトに載せてみました。

アフィリエイトで稼いでいるブログは、「<これ>を使ってみてこんなふうによかった」と、自身の具体的な体験が書かれています。
興味をひく内容で、文章や構成なども、売るために効果的な作りになっています。

アフィリエイトのためにブログを書いているのでしょうね。月に数十万という単位で稼ぐのですから、「本気」でしょう。

せっかくなので、「ライブ中継に成功しました・・・機材はこれを使いました・・・」という記事に、使った機材の広告を貼るという程度のこともしようと思います。
この記事を読んで、同じものを買おうと思う方もいることでしょう。
「へぇ~」とクリックしていただくと1円ゲット。そのままお買い上げいただくと、販売価格の1%をゲット、という仕組です。えへ。

Facebookなど、無料で利用できるわけですが、そうしたアフィリエイトの仕組が根幹にあるわけなのですね。無料で提供してもFacebook.comは損をしない・・・というか大儲けなのですね。
新聞雑誌など紙の媒体に広告を載せる時代から、インターネットのサイトに広告を載せる時代へ。大きく変化しているのです。

A8.net.に登録してみました 2/23

A8.netというのは、広告主とアフィリエイターとを赤い糸?を結ぶ、キューピットのようなオシゴトをする大手のサイトです。
そこに登録し、どの広告を載せようかと頭を悩ませ、申請し、認可が下りました。広告のためのバナーを貼ったところでサイドバーが消えました。ハハハ。

ついでなので、デザインを一新しました。CSSもつけたし、つけたしでおかしなことになっていますので、仕切り直して1からスタートです。

シリウスってどう?

「風の君」が推していたツールのひとつ。シリウス
”アフィリエイト、ホームページ作成”、のふたつのキーワードで検索すると、「シリウス」というツールが上位にヒットします。
ざっくり読んだイメージでは、すでにがっつり、SEOやアフィリエイトの対策をしている人には、かゆいところに手の届くツール・・・らしい?
しかしながら、「シリウスさえ使えば大成功と思ったら大間違いだよ」、と、いうことのようです。ツールを使いこなすのはアナタ。アナタ次第アル、ネ。
Amazonの和書に、参考書が、まだ!?ない・・・。しかも、サイトの作りがあやしいデス。臭うよ、コレは・・・、ゴメンナサイ、あやまりゃいいってものでもないデスが。
ショッピングチャンネルに出てくる峠を越したタレント(失礼!)が「まぁびっくり!なんて安いのかしら!ほーんと!便利ねぇ~!」と大げさに騒いでいるような。まるさんかくしかくばつ。

こんなふうに感じている時点で、わたしには無理ってことか?
「よく当たるのよ~無料よ~」と、生徒さんのスナックでにみていただきました、手相占いの方に。
「長生きはするけど、儲かりませんね。(お金に)困ることはないけれど、あなた、儲ける気がないでしょう?」
と言われました、去年の暮れに。憎まれっ子稼ぎが少ないまんま世に幅とる・・・、てか。

いや。わたくしは貧乏でもイインデス、生徒さんの希望を叶えるのが商売なのですから。
もしも仮に「儲けたいデス!」と門戸を訪ねていただいたならば、それなりに、儲ける方向にお導きしてさしあげる所存です。
わたしにできることをできる範囲で。(=勉強しろ、自分)

アフィリエイトと向き合わなければならない日が来たようです。
本文 2月22日

それは昨日のこと。
テンポのよい口調で電話がありました。
「今だいじょうぶ?長くなるんだけれど」
「授業なので、終わってからでしたら。いらしていただいてもいいですし」
とお話ししたところ、夕方ご来校くださいました。

ご自身のこと、そして知人の会社のことなど、まくしたてるようにお話しなされて、風のように帰られました。
「風の君」とお呼びいたしましょうか。

「風の君」はパソコンに疎い知人のために、なんとかしたいと考えてみえるようでした。
「君~、今は新聞に広告を入れる時代じゃないんだよ、インターネットだよ、アフィリエイトだよ?」
と、言ったか言わなかったか。

で、おそらくその知人は口車に乗せられて(失礼!)新聞広告をやめてしまったのでしょうか?わかりませんケド。
「彼にボクがネットを勧めてしまった手前(責任上)」
というニュアンスでした。
「ボクは彼を君に紹介しようと思うのだけれど、ボクがそれで中間マージンを取ろうという話じゃないんだよ」
と、風の君。(そうなんだ~)

「1万人がサイトに来るのに、商談が成立するのは1%未満。残りの9900人を無駄に返すのは惜しいでしょう?」

「いろんな人に話を聞くと、アフィリエイトに強いサイトを作るには、XXがいいらしいということなんだけれど」
と3つのホームページ作成ツールを提示くださいましたが、1つも知らなかったのですよね、わたくし、恥ずかしながら。

「今度、彼を連れてくるから!」
と。風の君は颯爽とフェードアウトなさいました。パワフルな方~という印象、でした。

うかうかしていられませんね。勉強しなくてはイケマセン。
風の君がまたいついらっしゃるか、わかりませんから、外堀を固めておかねば。