「パソコンを買い、インターネットはどうにか<自力で接続できた>んだけど・・・」
とのSOSで、お宅にレスキューでうかがった。
メールとウィルス対策をしてほしいとのこと。

<自力で接続できた>のは、<今あらためて考えると>スゴイ。
お疲れさまでした!

さて。
メールを設定し、ウィルス対策でアクティブ化しようとしたところ、
突然インターネットが接続できなくなった。
いったいどうしたのだ???

原因は、プロバイダへのログイン作業を、
ルータではなく、インターネット接続で行っていたこと。
ブラウザを開くなどすると接続画面が開き、
その都度<ログイン>する設定だったことが、原因だったようだ。

本来は、ルータ側で<ログイン>する設定にしておき、
パソコン側ではケーブルをつなぎさえすればつながる、
というのが、ブロードバンドの設定なわけだ。

ウィルス対策ソフトをアクティブ化する際に、
ソフトが、その「異常」を検知し、接続を遮断してしまったようだ。

プロバイダに問い合わせたところ、
「ルータの設定ができていないようですね。
NTTで確認をしてください」
とのこと。

確かにルータのPPPランプが消灯している。
ありゃりゃ。

NTTに電話したところ、
「CDが付属していたはずなので、それで設定してください」
とのこと。

「え?そうなの?」
と、探してくださり、出てきました、NTTの設定資料やらCD一式が。
やった!

ところが今度は、パソコンのDVDドライブの調子が悪い。
購入したばかりの最新式のパソコンであるにもかかわらず、
CDの挿入後に、ガシャガシャガシャという大きな機械音。
そして、マシンがフリーズ。
(あちゃ~)

ふたたび、NTTに電話したところ、
「リモートサービスに契約なされているようなので、
そちらに電話していただくと、手動での設定をお知らせいたします」
とのこと。

リモートサービスは、パソコンで困ったことがあったとき、
どのようなことでも、
・たとえばプリンタが接続できない
・エラーが表示されているがどうしたらよいか
・何かメッセージが出ているが、これはOKしていいのか
というようなことを、相談させてくれるサービス、らしい。
(いいねぇ)

「え?そんなサービス、入ってたんだっけ」
と、ふたたび、ガサゴソ。
「あ!これかしら」
リモートサービスの契約と説明書が出てきた。
(やった!)

ということで、
リモートサービスに連絡し、
ルータの設定を行い、
インターネットに接続できるようになった。

その間、ご依頼いただいたご家族が口ぐちに何度も言うには、
「こんなこと、普通の人にはできないよね?
甘い言葉で売るだけ売って、あとは勝手にやってくださいってことかしら。
設定ができないようでしたら、おうかがいいたしますがどうなさいますか?
と説明してほしい。別料金でもいいんだから」
(ごもっとも)

もしかしたら、売り場の人は、「言った」かもしれないが、
伝わっていないのだから「言わなかったのと同じ」だな。

ウィルス対策も、
プロバイダ契約時に、オプションでつけてもらっていたようだが、
ご家族に覚えがなかったようだ。

メールアドレスを設定するときに、プロバイダにログインした際、気がついてよかった。
パソコンにプリインストールされている、お試しウィルス対策をアクティブ化するところだったわ。

今回、お宅に出張させていただくにあたり、
「資料をそろえておいてくださいね」
とお願いさせていただいたが、
プロバイダの資料、NTTの資料、パソコンの資料などがあり、
どちらのみなさんも、区別がつかず、一苦労のようだ。

毎日お客さまのご自宅に出張しているベテラン作業員さんは慣れっこなのだろうが、
オラにとっては少しスリリングな体験でござった。