本日、インターネットテレビ会議の「接続テスト」で、
渋谷区の某病院さまへうかがった。

10キロ弱の荷物。
機材一式。
通勤ラッシュの中、回りのひんしゅくをピリピリ感じた。
(申し訳ない!)

カートを買ったのだけれど、
雨も降っているし、朝のラッシュの時間帯でもあるし、
「背負う」という判断をしたわけだが、正解だった。
これでカートだったら、さらなる大ひんしゅくだ。

リュックは、正しく背負い、バンドを二か所で固定すれば、案外楽だ。
階段を上るときに、一段一段ずっしり来るが・・・大したことではない、鍛えているのだ。

さて。
現場に到着し、
ノートパソコン、音声を入出力する機械、プロジェクタなどを設置し、
設定し、FOMAカードにて接続。

製薬会社のご担当者さまいわく、
「ピーカンのときに一度来てみたら、(携帯が)バリ3だったんだけどなぁ」
とのことだったが、恐らくこの天気が原因で、電波状況がすこぶる悪い。

接続ゲージの色がオレンジになったり黄色になったり、と
よくない状況を示している。
濃い緑の色が出ていれば、良好なのだが。

本部からの接続テストの指示の声に、「途切れ」が発生し、
そして、「切断しました」とステータスバーに表示され、
本部のムトウさんのお顔がモザイクになってしまった。

製薬会社ご担当者さまの決断は早い。
「よし。本番は中止にしよう」
と。ごもっとも。御意!

本部にテスト結果と、ご担当者さまの希望を伝え、「本番は中止」ということで決定した。
撤収~!

ふたたび機材をリュックに詰め、家路についたのでござる。
残念ながら、「実施不可」でござる。