朝一の外勤

朝8時~の外勤。
4時半に起き、5時半に出発。
渋滞も迷子もなく7時に到着。

9時~という作業だと通勤渋滞に巻き込まれるけれど、
朝早いのはかえって楽かも。

着いたはいいが、店が開かない。
通常は遅くとも30分前には開くのに。

車が10台ほど、(作業の方が20人くらい)
まだかまだかと、待ちわびておりました。
店舗ご担当者さまに電話で
「お店はいつ開きますか?」
と問い合わせをしていたら、
みなさん、耳がダンボになっていましたもの。

結局、鍵が開いたのは8時を回ること20分。
遅刻するんなら、8時に集合かけるなっつーの。
(なんちゃって)

家に帰ってSOHO

11ごろ帰宅。まずはラーメン!
朝ごはんが早かったのでお腹がペコペコ。
袋入りラーメンをゆで、ネギとタマゴとワカメを入れました。

そして、SOHO。
「決算なので、きょうまでの分をまとめてほしい」
というご依頼をいただき、やっつけました。
(お昼寝はあきらめました)

再び外勤へGO

15時の外勤は、駅前店さまゆえに電車でGO。
こちらもいろいろありました。

無責任呼ばわりされた事件

「旧型マシンのアンカープレート(注)、どうするのよ。
無責任でしょ」
といきなり、運送屋さんから怒られた。

な、何?

聞くと、1週間前の撤去のとき、運送屋さんが、
アンカープレートを持って帰ったらしい。
でもって、今回持って来たらしい。

でも、いらないのよ、新型マシンだから、使わない。

うーん。
でも、無責任だって言われても・・・。

新旧マシンがらみにはタッチせんようお達しが出ているので、
オラに責任がないことは確かだけれど、
でも、運送屋さんの責任でもないことは確かだ。

「持ってきちゃったけど、また持って帰るよ、しょうがない」
と運送屋さんは、ブツブツ言っていました。

申し訳ござらぬ。
今、新旧入れ替わりで少々ゴタゴタしており、
ご迷惑をおかけいたします。

(注)アンカープレートは鉄の黒い板。3~5kgくらいかしら。
マシンの安定のため、下に置いて使います。
マシンはアンカープレートの金具にロックされ、地震などの災害時に倒れにくくなるのです。

ケーブルが抜かれた事件

オラの担当するマシンを
知らないオジサン(失礼!)が勝手にいじり(失礼!)、
同軸ケーブルを抜いているではないか。
何をするんだ、いったい。

本部に
「これこれという会社の方が同軸ケーブルを抜いていますが」
と連絡したところ、
「わかりました」
と、いったんスルー。

作業をした方は、
「ケーブルを刺さないでください」
と言い置きをし、どこかへドロンと消えた。

で、あとになってから、本部から連絡があり、
「(同軸ケーブルを抜いた)マシンが遠隔確認できないです。
同軸ケーブルをさしてください」
と。

今さら言われてもね。
刺さないでくれって言われているし。

本部の方は、
「きょうはその会社の方の作業を聞いていないのです。
その方、そこにいらっしゃいませんか?」
と。
でも、いないしなぁ。

が、しかし、出現!
ヒーローのように?

なぜ、同軸ケーブルを抜いたか、
なぜ、同軸ケーブルを刺さないでおいてほしいか、
直接本部に説明してくれました。
(よかった)

にしても。
オラの担当のマシンなのに、
本部がその方の作業を把握していなかったというのはどうよ?

ケーブルが抜けていた事件

鉄の塊のような、でっかいコンピュータ(サーバーマシン)が2台、
これもオラの担当のマシンなのですが、
背より高いラックにおさまっています。

高さ20センチ、幅60センチ、奥行き45センチって感じかな。
家庭用のデスクトップなんかと比較にならん。
鉄がつまってるんじゃないの?ってくらい、すごく重い。

引き出しのようにスライドさせて、ラックにピッタリ収めこみ、
大きなネジで固定させています。

そのマシン。
2台とも、なぜか後ろ側のLANケーブルが抜けていたのです。

「抜けているのでは?」
と本部から指摘され・・・。

プラスドライバーで固定を解除し、
どっこいしょ!
ぐががががっ!
とでっかいマシンをとひきずりだし、
体全体でかかえこみ、
抱きかかえながら
裏側を見て、
で、LANケーブルが抜けているのを確認。

で、抜けたケーブルはどこよ?
絶対あるはず!

マシンを支えながら、
暗がりのラックの内部を探したが、見つからない。

2台目(下側)のマシンを引き出したところ、2本とも発見。
下側のマシンの裏側にLANケーブルを差し込むことができました。
下側は、ね。

でも、上側のマシンを引き出した状態では、そのケーブルは見つからない。
再び下側マシンを引き出し、ケーブルを確認し・・・。

このケーブルを、上のマシンに刺すのが難儀で。
ケーブルを前から裏に回すことはできないので、
裏から裏の上側に回さなければならないのだけれど、
手の長さは足りないし、
マシンは重いし。

ラックの裏側のトビラを開けて作業できたら一番簡単なのだけれど、
当のラックはすでに、超特大のネジで固定されてしまっている。
これをはずすとなると、さらに大がかりな作業になるわな。

ラックの固定作業は、運送屋さんが二人がかりでやっている。
きょうも作業が終わってゼーゼー言っていたもんね。

さて。どうしよう。
2台とも引き出して、片方の足も使いながら、
アクロバティックなこともやってみたりしたけれど、
無理!

近くにいる方に助けていただき、なんとか成し遂げました。
「重いじゃん」
って、びっくりしていました。
(ありがとうございました)

うちに帰ってまたまたSOHO

うちに帰ってまたSOHO~。
ってこれからだよん。

あしたは9時に川口、外勤だ!
何も事件が起こりませんように!