右は、帰りの20時50分名古屋発の新幹線の中で食べた
お弁当、「みそかつ&えびふりゃー」。
ボリューム満点でしたが、
お腹ペコペコだったので、完食。
…スマン、基本完食です。捨てない。
(クリックすると、再生します)


朝5時前に家を出て、家に帰ってきたのは12時過ぎ。
現地での実習は、10時から19時半まで、9時間半。
途中、休憩は、ほぼ食事の30分のみ。
食事休憩は、社食のラーメンをかっこんで、トイレに行って、オシマイ。
飲み物を摂取するチャンス、ゼロ。
トイレに行くチャンスは、お昼だけ。
何かに座ったのも、ほぼ、お昼だけ。
でした。
(スケジュールがタイトなのは慣れているので、たいしたことではない)

研修は、主に実習。
一緒に実習を受けたのは、ふたりでした。

何をするかは事前に聞かされておらず、資料は現場でいただきました。
(前もって資料に目を通し、十分なイメージトレーニングを積んでおいても、パニクるオラな~の~に)

資料は時系列が微妙に入り組み、
ホッチキスで止めてある、A、B、Cの束の相関関係を把握するだけで、脳ミソが飽和しました。

しかも、旧型マシン、新型マシン、前から出し入れするタイプ、後ろからのタイプ、などなど、バリエーションがいくつもあり、
機械や注意事項がそれぞれで異なります。
(「違いは少しですが」と言われましたが、はじめての者をパニクらせるには十分です)

一緒に実習を受けたもうひとりは、メンテ作業を30年以上やっている方で、
あっという間にマスターし、申し訳なさそうにわたしより先に帰られました。

一日でマスターしきれなかった落ちこぼれのオラは、来週また名古屋に行くことに。
また名古屋だぎゃ~。

せめて食事休憩なるものがあれば。
脳ミソのゴミを整理整とんできたのにネ、スコシハ、ネ。

指導くださった方、みなさん、とても説明がわかりやすく、
注意事項の説明時など以外は、終始笑顔でした。
(厳重注意事項がたくさんあるぜぃ~)

しかし、しょっぱなから
「納得いくまで、深夜まででも、こちらで実習を積んでいただいていいですから(にっこり)」
とおっしゃっていたのは、あやしすぎます。
(タダで長時間拘束しておいて、イイヒトみたいにほほえむな~!)

ボスは、「埼玉で誰かいませんか?」と頼まれて、マツイシに仕事を回してくださったようで、
仕事の内容などの詳細をご存じないのです。
心配していたので、電話で、守秘義務に反しない範囲で、ボスに報告いたしました。

「もうイヤになったんじゃないですか?」
とボス。
「平気です!」
とオラ。

本当に、こんなことは、どうってことないです。

大変なのは、アレですよ、アレ。
たけちゃんマンを呼びたいところですが、もう少しガンバレ!